イケメンは浮気性なクズ男が多い?!元彼リアルエピソード

  1. みんなのクズエピソード集
  2. 359 view

数打てば当たる作戦でもてあそぶイケメンクズ男

元彼はイベント系のパーティーで声をかけられて、
その後付き合うようになりました。

イケメンで優しかったので私は幸せでしたが、
いつも我慢していることがありました。

それはメールをしてくれないことです。

メールアドレスもパソコンの方のものを教えられているので、
返信があったとしても、
くるのが数時間後になるのが常でした。

周りのカップルがメールや電話で仲良くしているのを見て、
私も元彼にお願いしたりしましたが

「メールや電話してたら会いたくなっちゃうから」

という甘い言葉に負け、
連絡は限られた時だけにしていました。

そのうち私もイライラするようになり、
1ヶ月以上連絡がなかったり、
大型連休になっても何の音沙汰もないので、
もうなるべく依存しないように友達と旅行にいったりしました。

その後しばらくしてから
私がしびれを切らして連絡して会いました。

連絡が今までなかったことや
大型連休のこともふれないので、
思わず怒りました。

あまりにも連絡がとれないし、
このままではやっていけないと言いました。

すると元彼はうーん、
と唸りながら「別れる?」と言い出したので、
頭が真っ白になりました。

別れてまで連絡とりたくないの?

と聞くと
「気になる子ができた」とのことでした。

要は、元彼がパーティーで声をかけてきたのも、

大勢の女の子に声をかけ、
その中でいい反応があったのが私だけだったので、
そのまま付き合うようになっただけだそうです。

連絡をとるのが面倒なので、
好きなように飲み会にいき、
そこで新たに好きな子ができたから、
そっちと仲良くなり、
私と連絡するのも1ヶ月以上あいたりしたそうです。

一番グズだなと思ったのは、
私があの日怒らなければ、
好きな子のことは伏せたまま、
私とも関係を続けそうな感じだったことです。

その日のうちに別れました。

会長、子龍の感想

このクズ男くんは、
なかなか人生の攻略方法を分かっておられるw

ビジネスであれば、

「失敗を恐れずにひとつでも成功するまで続ける」

ってのが、
成功の秘訣なわけで。

実際、私たちが当たり前のように
便利で使っている。

「アマゾン」

の考えもそれで。

「事業のすべてが成功すると考えずに、
失敗するものだと思って数を打つ。
そして、失敗と判断すれば、
すぐに辞めて次へいく。」

ってことを徹底的にやってきたから、
あれだけの大企業へと成長したという
経緯があるわけなんですが。

これをこのイケメンクズ男くんは、

「女性関連」

で同じことをやって、

「声をかけて失敗する女性は捨てて、
成功が見えた女性と付き合う」

ってことを徹底的にやっていたわけですね。

これが女性関連じゃなくて、
ビジネスとかそういったところへ
力を向ければスゴイのに、、、

なんて思っちゃいましたが、

と、ちょっと話が脱線しましたが、
このクズ男エピソードを見る限り、
最初から行動がおかしいですよねw

「携帯電話のメールアドレスを教えずに、
パソコンのメールアドレスを教えている」

という時点で、
常に連絡を取る気がないのが
丸分かりすぎる。

この女性もイケメンから声をかけられて、
うれしくて舞い上がって
判断することが出来なかったのかも?

こういった女性関連のクズ男って
結構多いわけなんですが、

ひとつ言えることは、
イケメンだからって女性関連で
クズな奴が多い。

とは限らないわけです。

結構、いろんな人を見てきましたが、
どちらかと言うと、

「喋りがうまい人」

が女性にモテて、
いろんな問題を起こしているのを
見かけますよw

基本的に男は、
女性に話しかけたりするのが苦手なので、

「喋りがうまい」

ってだけで、
楽しくてモテるのかも?!

専門学校時代にも、
あの男がこんなカワイイ子と?!
なんてことはありましたしw

なので、

「イケメン = 浮気性」

って判断するのは浅はかかと。

イケメンに気をつけるというよりも、
「喋りがうまい人」に気をつけたほうが、
浮気されにくいかもしれませんね。

【無料受講800名超え!】ゼロから始まる年収1億円までの完全攻略マップ(ゼロスタ)のオンラインセミナーを無料プレゼント中

独立8年以上、自己投資1000万円以上の経験と知識を元に「お給料+5万円」から始める年収1億円超えまでの完全攻略マップのオンラインセミナーを無料で公開中です。

詳細はこちら
全日本クズ男協会会長:中城子龍

全日本クズ男協会の会長:中城子龍(なかじょうしりゅう)。法人2社経営。辛い過去を乗り越え、理想の未来を手に入れる【ミライフプロデューサー】。コミュニティ運営、コンサル、プロデューサー、書籍出版、メルマガ自動化。最短5日収入から始まる年収1億円メソッド。

記事一覧

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。